ハマスとイスラム聖戦が停戦を宣言 2018.7.15

ガザからの攻撃 写真出展:Times of IsraelAFP/Bashar Taleb)
金曜夜から始まったガザとイスラエルの軍事衝突は、イスラエル市民4人が負傷したことから、戦火の拡大が懸念されたが、エジプトと複数の国々の仲介により、ハマスとイスラム聖戦が停戦を宣言。土曜午後11時現在(日本時間朝5時)、一応の静けさが戻っている。

ハマスとイスラム聖戦は、イスラエルの空爆が衝突の原因だと主張したとのことだが、エジプトが、「イスラエルは、容赦なくエスカレートさせる用意をしているから、もし戦火の拡大を望まないなら、ガザの方が先に攻撃を停止しなければならない。」と説得したもようである。

イスラエル軍によると、攻撃が始まってからの24時間で、イスラエルに発射されたロケット弾や迫撃砲は約160発(100発は土曜午後3時以降)。アイアンドームが約30発を撃墜し、その他は、空き地や道路などに着弾した。

スデロットでは、ロケット弾の破片が家屋に飛び込み、中にいたイスラエル人家族4人が負傷(軽傷から中東度)。続いてシナゴーグの建物も被害を受けたが、当時だれもいなかったため負傷者はなかった。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5309726,00.html

https://www.haaretz.com/israel-news/gaza-rocket-israeli-army-renews-strikes-on-hamas-targets-after-overnight-flare-up-1.6270173

ガザでは、死者は2人(15歳、16歳)で、負傷者は12人。イスラエル軍による空爆は40箇所と、規模は大きかったが、ターゲットが、ハマスの放火凧関連指令部や、訓練場などの施設であったことと、周辺住民には攻撃の忠告を出していたことから、人的被害が以前より少なかったとみられる。

https://www.aljazeera.com/news/2018/07/smoke-rises-gaza-israeli-military-renews-bombing-180714112426621.html

イスラエル政府は、日曜、今後の対策を協議することになっている。

緊急:南部で警報鳴り通し:ガザへ大規模攻撃中 2017.7.14

ガザから発射されるロケット弾 写真出展AFP PHOTO / BASHAR TALEB)
土曜正午半から午後4時現在までに、50発以上が、アシュケロンなどを含む南部地域に向けてロケット弾、ミサイルが発射され、現在、警報がなりっぱなし。住民はシェルターから15秒のところで待機することや、屋外での100人以上の集会、ガザから7キロまでは500人以上の集会は中止するよう指示されている。

イスラエル軍は、白昼の攻撃では、2014年のガザとの衝突、ツック・イタン(境界の崖作戦)以来の規模となる空爆を、ガザ各地で行なっており、テレビでは、継続してニュースが流されている。

続きを読む

シリア南部ダルア陥落:難民がイスラエルか国連に保護を要請 2018.7.14

写真出展:REUTERS/Omar Sanadiki
シリア南部デラアでは、2週間に及ぶ激しい戦闘の末、ロシアが仲介した停戦合意が成立し、反政府勢力が武装解除するとともに、これに応じない者がイドリブ方面へ移動している。これを受けて12日、シリア政府軍が、ダルア市内で、勝利宣言とともにシリア国旗を掲げ、内外にその陥落が明らかとなった。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5309059,00.html

今後、シリア軍が、イスラエルとの国境ゴラン高原方面の反政府勢力掃討を開始することは避けられない見通しである。

<イスラエルはアサド政権容認を表明:ネタニヤフ首相モスクワ訪問>

写真出展:GPO
内戦勃発の町ダルアがシリア政府軍にほぼ陥落した11日、プーチン大統領のワールドカップ外交の一環で招かれたネタニヤフ首相がモスクワを訪問していた。ネタニヤフ首相は、プーチン大統領に、イランとヒズボラをシリアから撤退させるなら、治安維持に支障とならない限り、イスラエルは、アサド政権がシリアを支配することを容認すると伝えた。

公式発表はないが、イスラエル政府関係者によると、ロシア、さらにはアサド政権も、イランの独走には閉口しており、イスラエルのイラン追放の要求が実現する可能性はおおいにあるとの楽観視を語っている。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5308957,00.html

しかし、アメリカからは、イスラエルに対し、ロシアを信用しすぎないよう、警告する意見も出ている。

https://www.timesofisrael.com/top-us-senator-warns-israel-against-deal-with-russia-over-syria/

<戦闘を前に:シリア難民がイスラエルへ保護を要請>


イスラエル・メディアTPSによると、ネタニヤフ首相・プーチン大統領会談の翌12日、ゴラン高原周辺に逃れてきていたシリア南部からの難民たちが、シリア政府軍の攻撃が間近に迫ったことを受けて、イスラエルか、国連による保護を要請するデモを行った。

続きを読む

シリア南部からイスラエルへイラン製ドローン 2017.7.13

写真出展:Times of Israel
ネタニヤフ首相が、プーチン大統領に会っていた時、シリア南部から偵察用ドローンがガリラヤ方面へ侵入。イスラエル軍は、ロシア軍のものでないことを確認してから、約16分後、パトリオット迎撃ミサイルでこれを撃墜した。この間、ゴラン高原やヨルダン渓谷で警報が鳴った。

撃墜はガリラヤ湖上空であったため、破片はガリラヤ湖に落下。多くの住民が迎撃ミサイルがドローンを撃墜する様子や大きな爆音を聞いたが、被害はなかった。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/248849

これを受けて、イスラエル軍は、ゴラン高原クネイトラ周辺のシリア軍拠点3カ所を空爆した。物損はあったが負傷者等はなかったもようである。

https://www.timesofisrael.com/reports-of-israeli-strike-in-syria-hours-after-regime-drone-penetrates-airspace/

後にこのドローンがイラン製であったと報告された。イランは今年2月にも爆発物つきのドローンを送り込み、緊張が高まったという経過がある。

西日本「激甚災害」イスラエルでも報道・支援活動開始へ 2018.7.11

写真出展:BBC
西日本豪雨による被害が徐々に明らかとなり、死者数は150人を超えた。行方不明者もまだ多数あり、家族を失った人々の悲しいニュースが入り続けている。

この「激甚災害」のニュースは、イスラエルのテレビのプライムタイムニュースでも報じられた。

https://www.mako.co.il/news-world/international-q3_2018/Article-5159f23279d7461004.htm?sCh=31750a2610f26110&pId=1675883010

イスラエルの国際人道支援団体イスラエイドは、9日、岡山県に、その日本支部であるJISP(Japan IsraAID Support Program)を立ち上げ、現地で支援活動を開始した。

今回、イスラエルから岡山へ派遣された3人は、2011年の東日本大震災での支援活動を経験した後、さらに7年間、イスラエルで訓練を受けてきたという。必要に応じて救援・支援を増やしていくとのこと。

JISPは、2011年に東日本大震災で支援を行なった専門家たちからなり、2013年に設立されてから、ネパールや熊本での地震の際にも活躍している。

https://www.israel21c.org/israaid-trained-emergency-team-sent-to-flooded-japan-area/

昨夜、エルサレム・アッセンブリーでの祈り会でも日本の被災地のために祈られたが、その際、「日本では200万人もの人々が避難している。日頃イスラエルの問題は大きいと思っているが、日本の様子を見ると、我々の問題は小さいと思った」とのコメントも・・・。

続きを読む

イスラエルで続く小規模地震 2018.7.11

ティベリア 写真提供:Times of Israel
ガリラヤ地方では、先週水曜に地震があったが、それ以降も小さな地震が続いている。日曜夜にも小さな地震が4回、月曜にも同様の地震が観測された。

地震の規模はいずれもマグニチュード3-4程度(東日本大震災は9)で、一部壁が落ちるなどして、避難を余儀なくされたアパートもあったが、大きな被害はない。

https://www.timesofisrael.com/northern-israel-struck-by-earthquake-for-third-time-in-a-day/

イスラエルではほぼ100年ごとに大きな地震が来ると言われているが、次の大地震がそろそろくる時期。前回の大きな地震は1927年で犠牲者は500人。

イスラエルの建物は多くが石でできている。特に北部の多くのアパートは一階部分が、足だけで立っており、山の斜面に立ち並んでいる地域も多い。もし将来、大きな地震になれば、それらがいっせいに転がり落ちる様子は、容易に想像されるところである。

続きを読む

シリア南部停戦でアサド政権勝利への一歩 2018.7.11

シリア南部の戦闘 図:BBC
7年目を迎えるシリアの内戦。2015年にロシアが軍事介入を始めて以来、アサド大統領率いるシリア政府が勢力を回復し、ISはじめ、各地の反政府勢力を鎮圧、領地を奪回しつつある。

こうした中、シリア政府軍がいよいよシリア南部、ヨルダンとイスラエルの国境付近の反政府勢力の掃討を開始した。

これにより、デラアを中心とした地域で6月19日から激しい戦闘となり、シリア難民32万人が発生。ヨルダンは、難民をこれ以上受け入れるのは限界だとして、受け入れを拒否したため、6万人ほどが、イスラエルとの国境、ゴラン高原クネイトラ方面へ近づいてきた。

イスラエルは、難民を受け入れない方針を決め、代わりにゴラン高原シリア側に、テント村を提供し、人道医療支援を行なっている。(以下に詳細)

その後、約1週間後の7月7日、シリア政府軍と反政府勢力が、ロシアの仲介で停戦に合意。反政府勢力が非武装に応じ、一部はシリア北部にかろうじて残っている反政府勢力支配域イドリブ地方へ移動したもようである。これで、シリア南部はアサド政権の支配するところとなった。

戦闘がやんだことを受けて、難民数万人が、デラア方面への帰還を始めている。

https://www.timesofisrael.com/thousands-head-home-in-south-syria-after-ceasefire-deal-monitor-says/

<シリア内戦終焉のはじまり?>


今回、シリア南部で反政府勢力が敗北したことで、いよいよアサド政権が反政府勢力鎮圧に成功し、内戦が終焉に向かう可能性が出てきた。

イスラエルとの国境、クネイトラ周辺にいる反政府勢力は、北部はすでにシリア政府勢力になっているので、南部のヨルダンからの補給に頼っていた。今回の南部での敗北により、反政府勢力は、いわばシリア政府軍に包囲された形になった。

続きを読む

イスラエル軍と協力するクリスチャン医療支援隊 2018.7.11

シリア南部からの難民キャンプ
シリア南部での戦闘で難民がゴラン高原にまでせまったきたが、イスラエルは難民を領内に受け入れず、シリア領内でとどまるよう支援することを決めた。その上で、イスラエルとの国境付近に来た難民には、医療を提供する他、人道支援物資の搬入を行なっている。

イスラエル軍と協力し、シリア側で、医療活動をしているのは、AFI(Frontier Alliance International)と呼ばれる国際クリスチャン団体である。

AFIの医師、看護師らは、明確にイエスの名を全面に出しながら、自らの危険をかえりみず、難民たちの中に入って医療活動を行っている。献金だけでなく、実際に現場で働く彼らの働きは、イスラエル軍にも非常に高く評価されている。以下はシリアとの国境取材より。

続きを読む

ガザ焼夷凧への対処:カレン・ショムロン検問所閉鎖 2018.7.11

カレン・ショムロン検問所 写真提供:Times of Israel
ガザ周辺に焼夷凧や風船が飛来して、イスラエルの畑で火災が発生する事件は今も連日続いている。この100日あまりで、焼失した範囲は、2万8000デュナムで、ネタニヤ市やレホボト市の大きさに匹敵するという。
イスラエルは、今ドイツなどを介して、ハマスと人質の交換交渉を行っていることから、焼夷凧攻撃への武力による反撃は行っていない。

しかし、イスラエルは、昨日から、焼夷凧への報復として、ガザへの最大の物資搬入の検問所カレン・ショムロンを閉鎖を開始した。これにより、ガザからの輸出入が停止する。これは、ガザのビジネスが麻痺することを意味し、ハマスに大きな打撃になるはずである。

ただし、建築物資以外の食料や医療物資、特別な必要のあるものについては制限しないとしている。

続きを読む

CGN TV

2018/6/20に公開
破天荒!?トランプ大統領とイスラエル 2018.6.20

関連リンクLinkIcon

CBN

2017.10.03に公開

クリスチャン・メディア・サミット  CBN 2017 10/31

関連リンクLinkIcon

IDF

2017/10/01 に公開

メキシコでのイスラエル軍救援隊


関連リンクLinkIcon

GPO

北米からの移住 2017.7.4

関連リンクLinkIcon

考古学関連

2017/10/01 に公開

第二神殿時代・神殿への大通り イスラエル考古学局

関連リンクLinkIcon

MOL

2016/01/27 に公開

若者のテロ自殺

関連リンクLinkIcon

イスラエル政府公認ガイド

イスラエル政府公認ガイド 登録番号12778







イスラエル国内旅行:
個人、グループのガイド
観光だけでなく、イスラエル国内で
とりなしたい
イスラエル人、パレスチナ人に
会ってみたい など
ご要望に応じて、計画から
お手伝いいたします。

お問い合わせ
y.ishido.olive@gmail.com

講演・講義

講演・講義

エルサレムにおける取材活動などを通じてのイスラエル、世界情勢に関する講演や講義を行います。

1)教会、チャーチスクールでの聖書的視点によるセミナー、礼拝メッセージ
2)一般の学校などでは、世界情勢、国際感覚育成に関するセミナーなど

お問い合わせ
y.ishido.olive@gmail.com