イスラエルがシリアで報復攻撃か:イスラエル船籍貨物船爆発事件 2021.3.1

2月26日、イスラエル船籍の貨物船で、爆破事件が発生した。船は、サウジアラビアを出発し、シンガポールに向かっている途上、オマーン湾を航行中、船内で大きな爆発が発生した。人的被害はなかったが、貨物船は、ドバイに引き返して、 […]

複雑化するサウジとアメリカの関係:アブラハム合意はどうなる?2021.3.1

トランプ政権とは違うバイデン政権の中東政策 イランとの対立が明確になってくる中、バイデン大統領がサウジアラビアに厳しい態度を取り続けている。これまでは、イラン(シーア派)という共通の敵に対し、アメリカ、イスラエル、そして […]

アメリカのシリア攻撃続報:米露と関係維持のイスラエル 2021.2.27

バイデン大統領:攻撃はイランへの警告 昨日、アメリカがシリア東部の親イラン武装組織(カタリブ・ヒズボラ)を攻撃した件。バイデン大統領が、正式に、イランに、「(核兵器開発疑惑について)おとがめなしになると思わないように。気 […]

アメリカがシリアの親イラン武装勢力を攻撃:プリム入りの夜に 2021.2.26

バイデン政権が初の軍事行動 2月25日夜、ユダヤ人たちが、プリムでエステル記を朗読しようとするころ、アメリカ軍が、シリアの親イラン(ペルシャ)武装組織への軍事攻撃を決行した。バイデン大統領就任後初の軍事行動である。 イラ […]

アメリカがイエメン内戦への介入見直し:イランはどう出る? 2021.2.6

バイデン大統領は、世界の中のアメリカのリーダーとしての役割を整備し、駐留させている米軍について、地域との関係の中で再検討すると述べた。特に内戦が続くイエメンへの介入についてのみなおしを表明した。 イエメンでは、アラブの春 […]

イラン問題:アメリカとの取り組み:ヨシ・コーヘン・モサド長官訪米予定 2021.2.6

アメリカとイスラエルのイラン問題取り組み 様々な角度から、緊張するイラン情勢だが、今回のバイデン大統領の外交演説において、イラン問題が直接語られることはなかった。 しかし、バイデン政権にとって、イランとの核合意に戻る可能 […]

イスラエルのイラン攻撃現実味:バイデン米新政権発足にむけて 2021.1.16

1月20日、アメリカのバイデン新政権が発足することになった。今回は、上院、下院とも民主党が過半数で、ねじれがないため、左派的な政策がどんどん進められていくようになると予想される。これはイスラエルには、難しい時代の到来を意 […]

滑り込みトランプ政権の中東政策:アブラハム合意と対イラン包囲網強化 2021.1.7

なんとも悲惨な結果になりつつあるトランプ大政権だが、アブラハム合意を成し遂げた行動力は、他の大統領では決して成し遂げられなかった事業であった。もうすぐ、消えるかもしれないトランプ政権は、それでもまだ、中東での最後の働きを […]