エジプトで爆弾テロ 2013.9.6

カイロで、暫定政権のイブラヒム内務相の車列が爆弾テロに襲われ、少なくとも2人が死亡。多数が負傷した。すでに暗殺計画が予期されていたため、イブラヒム氏自身は防護車に乗っていて無事だった。しかし、護衛の車3台が吹き飛ばされる大爆発だった。

ムスリム同胞団は、暫定政権につくエジプト軍に指導者を次々に殺害、または逮捕され、今では弾圧されたような形になっているが、今回の爆弾テロについては犯行を否認している。

犯行グループはまだ明らかではないが、外国勢のイスラム主義グループではないかとみられている。今回のテロが、エジプトでの新たな暴力への始まりではないかと懸念されている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*