天然ガス輸出は40% 2013.6.21

ネタニヤフ首相は19日、タマル天然ガス田の使い方について、様々な論議の末、向こう25年間、国内向けに60%、輸出は40%との配分案を発表した。

この輸出で、総額600億ドルが、国の財源に入ると見込まれている。さらに輸出先はパレスチナ自治政府、ヨルダン、キプロス、トルコなどになると予想されるため、地域の安定化も期待されている。

一方で、急激な収入は、経済に悪影響を及ぼす可能性もあり、難しい判断である。最終的な決定は、24日(日)の閣議で決定となるが、野党労働党のヤキモビッチ党首は、天然ガスは市民の財産であるから、国会で審議すべきだと訴えている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*