ブルガリア・テロ犠牲者帰国 2012.7.20

18日夜に発生したブルガリアの空港でのテロ犠牲者は、最終的に6人(イスラエル人5人とブルガリア人運転手1人)と発表された。7人目の遺体は自爆テロの犯人。

19日午後、負傷者32人が、まずイスラエル軍の特別機で帰国して病院へ。続いて夜に重傷者3人。5人の遺体は夜中過ぎに、それぞれ別の特別軍用機で帰国した。葬儀は20日に行われる。犠牲者は以下の通り。

ペタハティクバのイツィク・コレンギさん(28)、アミール・メナシェさん(28)、アッコのマオル・ハルシュさん(25)、エリオール・プリシュさん(26)、リション・レツィオンのコハバ・シュリキさん(44)

コハバ・シュリキさんは、長年の人工妊娠治療でやっと妊娠。夫とともにブルガリアへ出発直前、空港から電話で友人たちに喜びの報告をしていた。一緒にいた夫のイツィクさんは自らも負傷。「ちぎれた足があちこちに飛んでいた」とショックさめやらぬ様子でメディアに語っていた。妻の死を知らされ「妻にゆっくりしてもらいたかった。それがこんな結果になってしまった」語ったという。

<犯人は?イスラエルは報復するか?>
今回自爆したとみられる犯人は、一時、スエーデン人のイスラム主義者メディ・ゲザリと発表された。しかし、これについてスウェーデン政府がその存在を否定。また他にも別の名でのIDを所持していたことがわかり、正式な身元はまだ発表されていない。

ブルガリアでは、今年1月にも、イスラエル人をねらったとみられるイラン系テロリストが逮捕されている。今回、ネタニヤフ首相は、テロ勃発後まもなくから「犯人はイランの指示を受けたヒズボラだ」と名指しで非難。なんらかの報復をすると明言しており、今、世界は、イスラエルの動きに注目している。

なお、イランは関与を否定している。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*