ウクライナが、東部鎮圧へ前進 2014.7.6

ウクライナのポロシェンコ大統領は、欧州との協定にモルドバとグルジアとともに署名。その後、武力による親ロシア派の鎮圧を続けている。つまり、ウクライナは、親欧米路線でかためるという方針である。

3日、ウクライナ軍は、親ロシア派の軍事拠点だったスラビアンスクを奪回した。現在、ドネツクに目標を定めて進軍中である。

国連難民機関によると、ウクライナの紛争で発生した難民は16万人。ロシアによると、東ウクライナからは親ロシア派の住民多数が、国境を越えてすでにロシアへ移動(避難)したという。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*