トルコ政府の混乱 2013.12.26

トルコでは24日、3人の閣僚が、息子たちのひどい収賄スキャンダルが明るみにでたことを受けて辞任。

辞任した3人は、全員エルドアン首相の陣営だったため、反発はエルドアン首相にも向けられた。トルコの通りでは昨夜再び反エルドアンの暴動となった。

これを受けて、エルドアン首相は25日、新しい10人の閣僚(全閣僚数の半分以上)を指名し、内閣を一掃した。これもまた、エルドアン首相の強大な権力を示していると報じられている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*