新型コロナ感染続く:10日も24時間で175人 2020.6.11

コロナウイルス 出展:Wikipedia

イスラエルでは、ここしばらく、1日の新規感染者が150人以上と、徐々に感染者数が増えてきている。10日のデータで側近24時間の感染者は175人。6月に入ってからだけで、すでに1253人の新規感染者が出ている。重傷者もじわじわ増えてきている。

マスクをしていない人が多いので、政府は、罰金を200シェケル(6000円)とし、警察がマスクをしていない歩行者に切符を渡すとのこと。10日だけで、違反チケットを渡された人は、381人だという。

学校での感染は相変わらずで、感染者は433人。144校が休校措置になっている。学校関連で、自宅隔離になっている人は2万4000人。外国人の入国禁止措置は、7月1日まで延期された。

なお、イスラエルでの感染者は、計1万8461人(回復1万5214人)、死者300人。

<抗体検査:イスラエルの陽性率は2.5%>

日本でも抗体検査が話題になっている。これまでに行われた検査結果をみると、日本人で新型コロナに対する抗体を持っている人は、どの結果も1%を大きく下回っている。(ソフトバンクの検査結果は0.43%)

イスラエルでは、ランダムに抗体検査が行われた結果、総人口の2.5%にあたる20万人が、すでに感染していた可能性があることがわかった。これは、陽性が明らかになっていた人数の10倍だという。

www.timesofisrael.com/police-step-up-enforcement-as-infections-in-junes-first-10-days-surpass-may/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。