地上戦へ準備完了:ガザ市民10万人に避難警告 2014.7.11

ガザでは、今日もイスラエル軍が、ミサイル発射地の他、ハマスや、イスラム聖戦指導者らを狙った空爆を続けている。ガザでの死者は100人になった。

ガザ国境にいるガンツ参謀総長は、「地上戦にむけて準備は整った。あとは命令を待つのみ。」と語った。ガザでは10日、国境やハマス施設周囲にいるガザ市民10万人に対し、電話ですみやかに避難するよう警告が発せられている。

www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4541742,00.html
www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/182750#.U7_1TqW9DCs

<アッバス議長からガザへ>

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、「ハマス」とは名指しせず、ガザにむかって、「イスラエルへの攻撃をやめなさい。なんのために攻撃するのか。私たちは知恵と政治で戦う方がいいと思っている。」と伝えた。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*