ローマ法王がエジプト訪問 2017.5.2

4月28日、ローマ法王フランシス(80)が、先月、受難週に発生した2回の爆破テロ(ISIS犯行声明)で、コプト・クリスチャン45人が死亡したエジプトを訪問した。

エジプトは現在、3ヶ月の国家非常事態宣言下にあるが、警戒態勢の中、法王は、国賓としてエジプトのシシ大統領に迎えられた。

訪問の目的は、迫害を受ける中東のクリスチャンたちを励ますことと、テロへの反対を訴えるためである。

BBCによると、法王は、1000年続くイスラム教の伝統的な学舎アル・アズハルのイマームに迎えられ、その地でスピーチも行った。

しかし、この訪問が、どの程度コプトクリスチャンを励ましたかどうかは不明。エジプトの総人口の10%を占めるコプト教徒は、東方教会に由来する正教会である。コプト教徒たちは、最近のテロ事件に関して、エジプト政府は十分な対策を講じていないと不満を訴えている。

ローマ法王は、世界13億人のカトリックの代表だが、エジプトのカトリックは、BBCによると15万人以下。

www.bbc.com/news/world-middle-east-39743162

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *