ヘブロンでもハマス25周年 2012.12.15

13日、ジェニンに続いて14日、ヘブロンでもハマス25周年ラリーが行われた。住民は緑のハマスの旗やはちまき、紙で作ったカッサムロケットを掲げて集会に集まった。これはアッバス議長の公式の承認によるものである。

ラリーでは、ガザ地区からハマス指導者イスマエル・ハニエ首相が電話で「ハマスはイスラエルに勝利した。ハマスはイスラエルを認めない。」とするメッセージを群衆に対して語った。

ヘブロンでは今週、イスラエル軍兵士との衝突で17才少年が死亡したばかりだったので、イスラエル軍はハイレベルの警戒態勢をとっていた。パレスチナ自治政府も、警官200人を配置して警備にあたった。幸い暴力的な衝突はなかった。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*