フランス当局がハマス関係放送局を閉鎖 2016.3.13

木曜夜、イスラエルが、ラマラのイスラム聖戦関係の放送局に強制捜査に入り、番組の放送停止を試みたが、翌日、ガザの本局から放送をすぐに再開したことはお伝えした通り。

土曜には、フランス当局が、ハマスの公式テレビ局アル・クッズが経由に使っていたフランスの放送局へ強制捜査を実施し、閉鎖した。

アル・クッズは、テロリストを英雄扱いし、テロを美化して若者を煽動する番組を流し続けている。ネタニヤフ首相は、オーランド大統領に感謝を伝えた。しかし、アル・クッズは、エジプトの衛星を中継して、すぐに番組を再開している。

www.jpost.com/Israel-News/Politics-And-Diplomacy/France-accedes-to-Netanyahu-request-shuts-down-Hamas-run-TV-station-447670

<パレスチナ人ハッカー?:イスラエルの人気テレビ番組を乗っ取り>

金曜夜、イスラエル国営放送のチャンネル2で、人気番組”アフ・ハガドール”を放送中、急に別の画面が現れ、テロ現場の様子を背景に、「家にいろ。まだ終わっていない。(テロは)まだある。」とヘブライ語の文字が出た。下にはアラビア語で「アル・クッズ・インティファーダ」と書かれていた。

www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Suspected-Palestinian-hackers-interrupt-TV-broadcast-with-ominous-message-447646

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*