スーダンの武器工場大火事;イスラエルか? 2012.10.25

スーダンには、ガザ地区のハマスに武器を補給する拠点がある。武器はスーダンからエジプトを経由してガザに至るルートを通じてガザに運ばれる。

23日夜、スーダンの武器工場で大火事があり、2人が死亡、工場が大破した。この火事に先立って4機の戦闘機が来て、爆発があったことから、スーダン政府は、イスラエルの犯行だと非難し、報復の可能性を語った。

イスラエルは、この武器ルートを絶つため、これまでにも数回、スーダンを巻き込む攻撃を行っている。今回の事件についてイスラエルは、犯行を認めるとも認めないとも言っていない。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *