アラブのアイドル、西岸地区でもブレイク 2013.7.2

先週、ガザ出身のモハンマド・アサフさんが、レバノンで開催されたスター誕生的番組で優勝したが、昨夜、西岸地区ラマラの広場でコンサートが行われた。周囲の交通は遮断され、家族連れなど数千人が集まったという。

これはつまり、イスラエルが、アサフさんがガザを出て、西岸地区へ入ることに許可を出したということを意味する。

ラマラに続いてナブルスでもコンサートを行う予定だが、アサフさんが病気か疲れているかで声に元気がないということで、1日延期されている。

西岸地区でのショーはいずれの場所でも短い無料コンサートで、ラマラでも3曲しか歌わなかった。通常の有料コンサートは費用がかかりすぎるためである。無料コンサートのスポンサーは、パレスチナ銀行とアッバス議長事務所だった。

希望のないパレスチナ人にとって、アサフさんの存在は少なくとも、笑顔を呼ぶ出来事になった。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*