火曜日感染者116人:隔離9935人 2020.6.3

ILTVnews よりスクリーンキャプチャhttps://www.youtube.com/watch?v=brVHCQRKeSk

イスラエルでは、火曜日の過去24時間の感染者は116人を記録した。社会活動を再開して以降で、先週月曜からの感染者は、290人となった。保健省によると、このうち、217人が学校や幼稚園に関係する人々であった。

このため、学校、幼稚園31校が閉鎖され、これまでに隔離に置かれた人は9935人となった。保健省の副長官イタマル・グロット氏は、国会にコロナ対策委員に提示したところによると、感染源が不明なケースが100人を超えた場合、外出制限を再開するべきとの目安を提示した。

今の所、多くはエルサレムのジムンシア・レハビアと、もう一校から感染者が出ていることがわかっていることから、感染者が出ていない施設の閉鎖にはいたらないとの判断である。

今の所、陽性者から重篤になるケースは発生していない。しかし、以前から重症であった人とは思われるが、1日から今日までに5人が死亡し、新型コロナ危機による死者は290人となった。

www.timesofisrael.com/coronavirus-death-toll-rises-to-289-as-nation-grapples-with-mounting-cases/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。