国連総会・イスラエルの焦点はイランの核問題 2013.9.20

国連総会で、イスラエルにとっての最大の関心事はイランの核兵器開発問題である。昨年、ネタニヤフ首相が図で説明した赤線(核開発の容認の限界)を、イランはとうに超えている。

来週、ネタニヤフ首相は、国連総会出席のためにニューヨークを訪問するにあたり、オバマ大統領と会談することになっている。議題は無論、イランの核兵器問題である。なお、オバマ大統領は、イランのロウハニ師と会談する可能性もある。

<ネタニヤフ首相のイランへの要求4項目>

1.イランの核開発の停止 2.ウランの濃縮を停止し、現存するウランをすべて排除する 3.コムの核濃縮施設の閉鎖 4.プルトニウムの精製停止(アラクの濃縮工場停止)

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*