リブリン大統領:ネタニヤフ首相とガンツ氏に政権樹立へ48時間 2020.4.14

פגישת נשיא המדינה ראובן רובי ריבלין עם ראש הממשלה בנימין נתניהו ויו"ר מפלגת כחול לבן בני גנץ Photo by Kobi Gideon / GPO

先週、ガンツ氏がおれて、ネタニヤフ首相との統一政権で、ネタニヤフ首相が先に首相になることで合意したのだが、そこから先の交渉がまだ終わっていない。組閣の期限(28日緋)を、13日に迎えたガンツ氏は、12日、リブリン大統領に14日間の延長を申請した。

しかし、リブリン大統領は、これを受理せず、13日までに、ネタニヤフ首相との合意に至らない場合は、法で決められている第3の道、国会に組閣をまかせるという方向にすることも示唆した。コロナ危機もあり、もうこれ以上、組閣を待てないからである。(政府がないということは予算も立てられない)

しかし、ネタニヤフ首相によると、ガンツ氏との合意はまだ近づいていないと答えたため、この第3の道では、結局4回めの選挙になる可能性が高いとみられた。

このため、13日、ガンツ氏の期限直前になって、ネタニヤフ首相とガンツ氏は、大統領官邸に行き、組閣の延長を求めた。リブリン大統領はこれを受理。48時間の延長を認めた。ネタニヤフ首相とガンツ氏は、15日深夜の期限までに、組閣を終えるよう、交渉を続けている。

www.timesofisrael.com/touting-major-progress-gantz-pm-to-meet-again-to-clinch-coalition-deal/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。