パレスチナ自治区5日間のロックダウンへ 2020.7.2

スクリーンショットhttps://video.i24news.tv/details/_6168641918001

パレスチナ自治区の感染者は累計2636人で、死者は19人。特に感染者が、最も多いヘブロンでは、感染者が200人に上っているという。ヘブロンとナブルスでも、移動制限が出されている。

パレスチナ自治政府の保健省は、1日、5日間全域のロックダウンを行うと発表した。食料品、薬品販売以外のすべての企業は休業となる。これに合わせて、向こう2週間、イスラエル、西岸地区のユダヤ人入植地で働く人も、その出入りは禁止となる。

i24ニュースによると、7月1日も、ラマラのパレスチナ人の話題は、イスラエルの併合問題ではなく、コロナ問題であったという。ただし、7月1日には、町の中心部で、小さな平和的なデモは行われたとのこと。

ガザ地区の感染は72人で、現在の有症者は、14人と伝えられている。

www.ynetnews.com/article/Skt4O49RU

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。