トルコがシリア領内で電撃作戦遂行 2015.2.23

 http://www.bbc.com/news/world-middle-east-31572257

シリア北部の町コバネをクルド人勢力が奪回したことはお伝えした通り。そのコバネの先(シリアとトルコ国境からは35キロの地点)に、1918年まで約400年続いた大帝国のオスマントルコ創始者オスマン1世の祖父・スレイマン・シャーの墓がある。

トルコにとっては英雄にあたるため、トルコ軍兵士が護衛する要所だった。ところがその墓がシリア内戦では激戦地になったアレッポ近郊でISISの支配域に入ってしまい、孤立するようになっていた。

そこでトルコは、昨夜、戦車39台、軍用車57台でコバネを突っ切り、スレイマン・シャー廟そのものと護衛の兵士38人をトルコ領内へ救出する作戦を遂行した。

トルコ軍兵士が1人死亡したが、作戦はすみやかに成功している。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*