重傷のイスラエル兵、意識回復 2012.10.26

22日、ガザ周辺でハマスの攻撃によって負傷したイスラエル兵のツビ・シロン大尉。一時容態が悪化し「重傷」と認定されたが、翌23日意識を回復、呼吸器からも離脱した。

シロン大尉は、訪れたガンツ参謀総長に対し、「回復したらすぐ最前線で指揮をとりたい」と語っている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *