恒例エルサレム・マラソン:今年も無事終了 2017.3.18

昨日金曜、エルサレムでは、毎年恒例のエルサレム市内マラソンが行われた。海外65カ国からの参加者3500人を含む3万人が参加した。

今回は、リトアニア系超正統派たちが、先にイシバ(ユダヤ教神学校)学生が、従軍を拒否して逮捕されたことに抗議して、大規模デモを行ってマラソン大会を妨害すると脅迫していた。

これに対し、バルカット市長は、「もし本当に妨害したら、リトアニア系の副市長を解雇する。」と反撃。テロへの懸念も含めて、治安部隊3000人が配置されていた。当日は、エルサレム郊外などで計40人が拘束されたが、マラソン大会は無事終了した。

今年は、テロで家族を失った家族たち3550人が、平和への願いと、回復の象徴としてマラソンに参加していたことが話題となった。

www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4936797,00.html

www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/226858

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*