レバノン軍全国に展開中 2012.10.24

先週、反シリア派の諜報機関最高司令官のハッサン氏が暗殺されたレバノン。ハッサン氏の葬式後に全国的に親シリアの現政権に対する暴動が発生。シリアとの国境の町トリポリでは4人の死者が出た。(トリポリでは先月にも同様の暴動が発生している)

これはいわば、隣の国シリアのアサド政権を支持するのかしないのかでレバノン人同氏が争っていることを意味する。レバノン政府は、全国の都市に軍隊を展開させ、なんとか平穏を保っている様子である。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *