レバノンから3発:地中海に落下で被害なし 2021.5.14

レバノン南部のタイヤ

13日夜、レバノン南部のタイヤ付近からイスラエルに向けてミサイル3発が発射された。地中海に落下したため、北部住民の一部はその音を聞いている。イスラエルに被害はなし。

緊張が走ったが、レバノンのメディアによると、ロケット弾を発射したのは、パレスチナ人組織で、レバノン警察がすでに逮捕したとのこと。ヒズボラによるものではなかったようである。レバノンは昨年のベイルートでの大爆発以来、国が危機的な様相にあり、イスラエルとの戦争には絶対巻き込まれたくないところであろう。

しかし、北部国境でも油断ならない状況が続いている。ここしばらく、レバノンからドローンが侵入しており、撃墜する事態になっていた。

www.timesofisrael.com/idf-3-rockets-fired-from-lebanon-hit-sea-off-northern-coast/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。