ハマス侵攻と戦闘開始から100日目:数字でみる現状 2024.1.15

IDF

14日、イスラエルと世界は、ガザでの戦争が始まってから100日を覚える日を迎えた。イスラエル軍が、この時点での状況を示す数字を発表した。

1)ガザでの戦闘

ハマス侵攻で虐殺されたイスラエル人は1200人。人質は240人。このうち105人は解放され、現在は132人がまだガザで囚われている。このうち25人は死亡しているとみられている。

また、10月7日以前にハマスに取られて返還されていなかったイスラエル兵2人の遺体と、ガザに迷い込んで、ハマスの捉えられて殺されたとみられる民間人2人の遺体もまだガザにある。

ガザから発射されたロケット弾は1万2000発。このうち9000発がイスラエル領内に達したが、2000発は届かずガザ内部に着弾していた。

イスラエル軍によると、侵攻直後のガザ国境での戦闘で約1000人のハマスが死亡。ガザ内部での戦闘では、約3万箇所を攻撃し、ハマス拠点3400箇所を摘発・破壊した。

これまでに9000人以上のハマス戦闘員を殺害したが、このうち、2人は、旅団長級で、大隊司令官級が19人。中隊司令官級が、50人となっている。

戦闘で死亡したガザの人々(戦闘員含むとみられる)は約2万3000人。イスラエル兵の戦死者は、522人。地上戦が始まってからの戦死者は188人。このうち、19人は、友軍の誤射で死亡。36人は、戦闘中の事故で死亡となっている。負傷者は2536人。このうち1113人は地上戦開始後の負傷者。

*招集された予備役(市民生活から呼び出された人)29万5000人

ハマスとの戦闘が始まって招集された予備役兵は29万5000人。通常なら免除とされる4万5000人も含まれていた。81%が男性で19%が女性。
年齢層は、20―29歳が50%、30―39歳が31%、40―49歳が13%、50―59歳が1%となっている。11万5000人が父親で、3000人は母親である。

2)西岸地区

西岸地区では2650人の指名手配テロリストを逮捕した。このうち1300人がハマスであった。大規模なイスラエル軍による突入は、40回で、テロ決行後に破壊された家屋は14軒。

3)北部対レバノン・シリア情勢

北部国境でのヒズボラとの衝突。これまでに、レバノンからロケット弾や対戦車砲など2000発が発射。シリアからは30発。イスラエルの反撃は750箇所に及び、ヒズボラ戦闘員170人が死亡したとIDFは推測している。一方、イスラエル側でもイスラエル兵9人が死亡した。

www.timesofisrael.com/the-war-in-numbers-9000-hamas-members-killed-11000-rockets-fired-into-israel/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、元イスラエル政府公認記者、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて20年。学校・企業・教会などで講演活動もしています。