ネタニヤフ首相新内閣発足へ前進  2020.5.9

出展:GPO

イスラエルでは、内閣がたちあがらないまま17ヶ月になっていたが、最終的に、リブリン大統領が、国会に首相になるべき人物を決めるようにと指示を出していた。これを受けて、ネタニヤフ首相とガンツ氏がぎりぎりの交渉を行い、統一政権にむけて協力することで、むりやりではあるが合意に至っていた。

これをうけて、国会では、議員120人のうち、72人が、ネタニヤフ首相を首相とする内閣の擁立に賛成を表明し、過半数となった。

その後、ネタニヤフ首相の汚職疑惑と、まもなく始まる裁判を受けて、反対派が、数千人級の反ネタニヤフデモをテルアビブで展開。最高裁に、犯罪で訴えられているネタニヤフ首相が、法律上、首相になることは可能かを審議するよう、訴えていた。

最高裁は、この訴えを退け、ネタニヤフ首相が、裁判を受けながら、組閣することは可能だとの判断を下した。これを受けて、リブリン大統領は、7日、ネタニヤフ首相に、内閣組閣を指示した。

内閣はすでにガンツ氏との交渉で決まっているので、来週水曜13日に、新しい内閣が発足する見通しとなった。

www.timesofisrael.com/with-coalition-seemingly-set-netanyahu-gets-nod-from-rivlin-to-form-government/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。