ドバイで開催中世界投資フォーラム:イスラエルとUAEが貿易収支3億5400万ドル 2021.6.3

スクリーンキャプチャ

ドバイで開催されている世界投資フォーラム。UAEの高官、ビジネスマンとともに、イスラエルからは前オルメルと首相や、多数のビジネス界の大物の名があがっている。

アブラハム合意以降、イスラエルとUAEのビジネスマンたちは、医療や、ハイテクなどすでに15以上の分野で貿易の合意に至っており、これまでの収支が3億5400万ドル(約450億円)に上っているという。

uae-israel-business-summit.web.app/?_ga=2.15144758.1436198542.1609252083-1838125300.1609252083

投資を取り次ぐ会社アワクラウドのCEO、メドベッド氏は、フォーラムでのスピーチにおいて、UAEは、人口の80%が外国人労働者であり、新しい開発の魂、ビジネスの心がある。税金も低く政府もフレンドリーだとして、イスラエルのビジネスはUAEとパートナーになることで、これまで以上に世界に進出できると語った。

また、イスラエルは、ハイテク分野において、アメリカのシリコンバレーにせまる勢いだが、UAEというプラットフォームを通じて、シリコンバレーを超えていけると語った。

www.jpost.com/middle-east/ourcrowd-ceo-uae-is-gateway-to-half-of-the-world-669918

一方、UAEの貿易に関する閣僚、タニ・ビン・アフマド・アル・ゼヨウディ氏も、「UAEとイスラエルの関係は、長期的な世界的視野に基づいている。貿易を通して、双方に収益をもたらすことのできるパートナーである。」と述べた。

このフォーラムにおいて、ガザでの戦争のことやパレスチナ問題はほとんど話題にのぼらなかったとのこと。

<石のひとりごと>

背景の詳細はわからないものの、UAEがイスラエルと手を結ぶことを決め、両国がワクチン接種もはたばやと済ませて、投資により、これだけの収益をあげている。一方、イスラエルを憎み攻撃する道を選んだガザやイランは、コロナにも敗れ、自らに破滅を招いているようにもみえなくもない。

聖書に書かれていることを連想してしまうところである。

神はアブラハム(イスラエルの父祖)に告げられた。「あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族はあなたによって祝福される。(創世記12:3)」

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。