テルアビブで国際サイバーテック見本市 2017.1.30

世界が大きく変わり、イスラエルがますます嫌われるような流れになっているが、今年も明日から3日間、世界最大といわれるサイバー技術の国際見本市がテルアビブで開かれる。

展示ブースは250、100以上のスタートアップ企業が、そのサイバー技術を競う。ネタニヤフ首相はじめ、業界トップがスピーカーに招かれているカンファレンスも行われる。

この分野ではイスラエルはトップレベルであるため、日本を含む多数の国々から代表団が、新しいサイバー技術を求めてやってくる。政治的にはイスラエルは嫌われる傾向にあるが、実際にはその技術力を求めて多くの国々が集まってくるのである。

www.cybertechisrael.com

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*