シリア国境・続報 2014.6.25

イスラエル人の少年(13)が、シリア領内からの攻撃で死亡したことを受けて、23日、イスラエル軍が、ゴラン高原のシリア側の軍関係拠点10カ所を空爆した。

この時点では、だれがどんな武器でイスラエルを攻撃したかは不明だったが、詳しい調査の結果、正規のシリア軍兵士がゴラン高原シリア軍拠点から発射したとの結論に至っている。

アサド大統領は、イスラエルは戦争をしかけているとして非難する声明を出したが、今のところ反撃はない。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *