イランで拘束されている牧師処刑の危険性 2013.1.20

昨年9月にイランで拘束されたイラン系アメリカ人のサイード・アベディニ牧師(32)が、最も残酷といわれる裁判官に引き渡されたことが明らかとなった。絞首刑になる可能性が高まったため18日、アメリカ政府が即刻釈放をイラン政府に対して求めた。

サイード牧師からの手紙によると、拘束されて以来、拷問されているもよう。拘束の理由は、キリストへの信仰である。最近イラン国内でイスラム以外を信仰する人々が増えてきたことによるものと思われる。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、元イスラエル政府公認記者、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて20年。学校・企業・教会などで講演活動もしています。

コメントを残す

*