破算寸前のパレスチナ自治政府 2012.9.12

今回の国連に国としてのオブザーバー(現在はPLOの団体としてのオブザーバー)にアップグレードを申請すると主張するパレスチナ自治政府。台所事情は火の車だ。ラマダン前にもすでに政府関係者への給料を支払えない事態となっていたが、湾岸諸国からの送金でなんとかのりきった。現在は、10月分の給料を支払えないという。

パレスチナ自治政府のお膝元ラマラでは、先週、物価上昇と給料不払いで自治政府に対するデモが発生。週末には暴力的な様相となっていた。ハアレツ紙によると、イスラエル政府は、代行で徴収している物品税2億5000万シェケル(約50億円)を前払いとして、急遽パレスチナ自治政府に送金した。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*