撃墜のUAV(無人航空機)はイラン製:ヒズボラが声明 2012.10.12

先週、イスラエル南部で撃墜されたUAV(無人航空機・ドローン)について12日、ヒズボラのナスララ党首が、レバノンから離陸したことを認める声明を出した。ナスララ党首によるとドローンはイラン製で、レバノンで組み立てられたという。

ナスララ党首は、「ドローンは、イスラエルとアメリカのレーダーをくぐり抜け、イスラエルの”繊細な部分”(ディモナの原子力センターのこと)の情報収集に成功した。これはヒズボラの軍事力のほんの一部にすぎない」と豪語した。

イスラエルのネタニヤフ首相は、イスラエルの国境を脅かす者には厳しく対処すると語っている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *