ネタニヤフ首相起訴決定:免責法案取り下げにより 2020.1.29

出展:首相府フェイスブック Marc Israel Shallm

ワシントンでトランプ大統領とともにいるネタニヤフ首相は、28日、国会に提出していた免責法案を取り下げると発表した。

ネタニヤフ首相がこの法案を取り下げると、マンデルビット司法長官は同日28日、エルサレム地方裁判所に、ネタニヤフ首相を、贈収賄、詐欺、背信の罪で起訴した。現職首相、しかもイスラエル史上在職最長の首相が、これらの罪で起訴されるのは、イスラエル史上初である。

ネタニヤフ首相が、免責法案を取り下げたのは、国会が、ネタニヤフ首相の免責法案を拒否する権限を持つ調査委員会を立ち上げる数時間前のことであった。おそらく、国会で免責法案をはでに拒否される茶番を避けたものと思われる。

この委員会については、青白等のガンツ氏が加わる予定であった。ガンツ氏は、ネタニヤフ首相の免責法案取り下げを受けて、「3つの罪で裁判に立つ者が国を運営することはできない。」と述べた。

www.timesofisrael.com/netanyahu-indicted-for-corruption-in-three-cases-in-first-for-a-sitting-pm/

「公職に対する公の信用を落とした」「賄賂をとって、職権を乱用した」などとされる起訴内容は以下の通り。

①ケース1000:ハリウッド関係者などから70万シェケル(250万円相当)の品を受け取り、ビジネスの便宜を図った。(背信罪)

②ケース2000:新聞イディオト・アハロノトに自身に肯定的な記事を出す見返りにライバル社より優遇措置をとった。(背信罪)

③ケース4000:通信会社ベゼックに18億シェケル(540億円)相当の利益を生み出すような利便をはかり、その見返りとして、ネタニヤフ首相に有利な記事を書かせた疑い(収賄)*最も深刻とされる

*起訴(Indict)と判決(Accused)の違い

起訴ということは、相当確実とみられる罪状についての訴えがなされたということで、まだ罪人として決定されたわけではない。問題は判決がどうなるかである。可能性は低いとされながらも、無罪となる可能性もまだ残されている。

起訴された結果、無罪になれば、ネタニヤフ首相は文字どおり、無罪放免である。しかし、有罪とされた場合、収賄なら10年以下の禁錮刑か、相当する罰金。もし、詐欺と背信であれば、3年以下の禁固刑となる。ここまで来てはじめて、ネタニヤフ首相が退陣を余儀なくされることになる。

www.ynetnews.com/article/SkdXPPV2r

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。