シナイ半島情勢とガザ地区 2014.11.1

先週、30人以上の兵士を自爆テロで失ったエジプトは、ガザとの国境を完全に閉鎖。地下トンネルには水を流し込んで、そのすべてを破壊している。

さらにガザとシナイ半島の国境からガザ内部500メートルを緩衝地帯にするため、その部分に住んでいるガザの住民(約1万人)を移動させ、家屋を破壊している。
www.aljazeera.com/news/middleeast/2014/10/egypt-sinai-gaza-buffer-zone-2014102918416226574.html

シナイ半島では、昨日も駐留中のエジプト軍に対するテロがあり、エジプト軍兵士8人が負傷した。

<ハマスに初給料・他> http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4585864,00.html

ガザではなかなか再建の見通しが立たないが、先週、ハマス関係者にこの1年で初めてとなる給与が支払われた。銀行につめよせる群衆の様子が報じられていた。

また、パキスタンですべての子供に勉強する機会を与えるべきと訴えてタリバンに撃たれ、ノーベル賞を最年少で受賞したマララさん(17)が、ガザ地区の学校(UNRWA) の再建のため、賞金5万ドル(500万円)を寄付すると発表した。

先週、ガザ地区に入ったパレスチナ人国連職員によると、現場の様子は、テレビで見るより遥かに悲惨だったと語っていた。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*