ガザからのロケット攻撃、その後 2012.10.25

23日夜から24日夕刻にかけて計79発のロケット弾がイスラエル南部に撃ち込まれた。タイ人労働者3人が負傷(2人は重傷)、破壊された家屋は4軒。家にいた女性は着弾の寸前にシェルターに向かって走ったため、ほんの数メートルのところで助かったという。

ここしばらくガザとの暴力の応酬が続いているが、20日ほどの間にイスラエル軍がガザへの空爆で殺害した武装勢力は15人に上る。

<エジプトの仲介>

現在、双方の攻撃はやんでいる。エジプトの仲介で、ハマスが25日深夜からの”停戦”に応じたとのこと。緊張した静けさだが、イスラエル南部では、今朝25日朝より学校再開、住民はもとの生活に戻っている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *