カルメル山にパトリオット迎撃ミサイル設置 2012.10.9

2日前、イスラエル軍に撃ち落とされたUAV(無人航空機)はヒズボラによる可能性が高いことがわかった。緊急性はないが、イスラエル上空で情報収集された可能性がある。

イスラエル軍は、万が一ハイファ(北部でヒズボラに近い)がミサイル攻撃された場合に備え、カルメル山、ハイファ大学近くに、パトリオット迎撃ミサイルを配置した。

*数日前、迎撃ミサイルに配置された兵士の劣悪な環境が指摘されている。南部の迎撃ミサイル担当の兵士たちはトイレもなく不潔な状態で任務についているという。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *