エルサレム市内テロ:新たに2件 2016.3.9

9日朝、エルサレム北部ラモットの大きな通りで、走行中の車から、テロリスト2人が公共路線バスのエゲッド32番に向って発砲した。これを見た民間人が車から降りてテロリストにむかって発砲。これに驚いてテロリストの車は走り去り、バスの乗客は全員無事だった。

しかし、その後、エルサレム旧市街・ニューゲート付近(ダマスカス門近く)で、車内からテロリストが走行車に向って銃を乱射。これにより、皮肉にも50才代のアラブ人男性が重傷となり、救急搬送された。

テロリスト2人は、ここで治安部隊に射殺された。犯行に使われた車の中には、他にも銃があったという。この2件のテロ事件は同じテロリストによるものとのみられ、捜査が行われている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*