ヨルダン渓谷でイスラエルの併合反対大規模デモ:コロナ感染者急増中 2020.6.23

i24 スクリーンショットhttps://www.youtube.com/watch?time_continue=75&v=en-r-SJZCtY&feature=emb_logo

パレスチナ保健省によると、1日で感染者が82人増えて、892人(東エルサレム含む)。このうち73人がヘブロンである。パレスチナ自治政府は、ヘブロン、ベツレヘム、ナブルスをロックダウンしている。

こうした中、22日、ヨルダン渓谷では、イスラエルが7月1日に実施すると発表している西岸地区入植地の一部と、ヨルダン渓谷の併合に反対するパレスチナ人の大規模なデモ(ファタハ:パレスチナ自治政府主催)が、エリコで行われた。

参加者は1000人を超えていた他、国連のニコライ・ムラデコフ中東特使がこれに参加。パレスチナ人たちに向かって、「国を持つという夢をすてないでほしい。」と述べた。また、東エルサレムで、イスラエルの治安部隊に殺された自閉症のパレスチナ人、イヤド・ハラクさんのための黙とうも導いた。

ムラデコフ中東特使とともに、EU代表、ロシア、中国、日本、ヨルダンの大使が、コメントを述べた。内容は不明。なお、マスクをしていた人はまばらで、ソーシャルディスタンスもほとんど守られていなかったとのこと。

www.timesofisrael.com/un-envoy-at-palestinian-rally-against-annexation-dont-give-up-statehood-dream/

一方、23日には、ナブルス近郊のヨセフの墓に、ユダヤ教徒(右派シオニストたち)ら2500人が、ヨセフの墓に集まり、併合が滞りなく進むよう、祈りを捧げた。しかし、入植地のユダヤ教徒たちは、併合は認めても、パレスチナの国は認めないとしている。

この地域は、A地区(パレスチナ人の支配下)にあるので、イスラエル軍が護衛して、パレスチナ人との衝突があったという。負傷者も出ている。

www.timesofisrael.com/clashes-reported-as-2500-israelis-pray-at-nablus-holy-site-ahead-of-annexation/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。