ハヌカの記録を証明するコイン発見:タイムリーに公開 2022.12.19

DAFNA GAZIT/ISRAEL ANTIQUITIES AUTHORITY

イスラエル考古学庁は、今年3月から5月にかけて、死海に近い、ユダ山脈のムラバアットの洞穴から、貴重な考古学の資料を持ち帰って調査を行っていた。その中にあった木のツボから、ハヌカのストーリーに直接関係するコインが発見され、公開されることとなった。

つぼの中には、紫布があり、その下に15枚の銀貨があった。このうち3枚は、紀元前176/5年、紀元前170/1年に製造されたもので、当時のエジプトの王、プトレマイオス6世の時代のものであった。

これは、ちょうどハヌカのアンティオカス・エピファネス4世の時代のもので、しかも、マカビー一家の反乱(紀元前168年)の直前である。執筆中

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、元イスラエル政府公認記者、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて20年。学校・企業・教会などで講演活動もしています。