シリア南部からイスラエルへイラン製ドローン 2018.7.13

ネタニヤフ首相が、プーチン大統領に会っていた時、シリア南部から偵察用ドローンがガリラヤ方面へ侵入。イスラエル軍は、ロシア軍のものでないことを確認してから、約16分後、パトリオット迎撃ミサイルでこれを撃墜した。この間、ゴラン高原やヨルダン渓谷で警報が鳴った。

撃墜はガリラヤ湖上空であったため、破片はガリラヤ湖に落下。多くの住民が迎撃ミサイルがドローンを撃墜する様子や大きな爆音を聞いたが、被害はなかった。

www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/248849

これを受けて、イスラエル軍は、ゴラン高原クネイトラ周辺のシリア軍拠点3カ所を空爆した。物損はあったが負傷者等はなかったもようである。

www.timesofisrael.com/reports-of-israeli-strike-in-syria-hours-after-regime-drone-penetrates-airspace/

後にこのドローンがイラン製であったと報告された。イランは今年2月にも爆発物つきのドローンを送り込み、緊張が高まったという経過がある。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。