2年前の投石テロ被害者少女(4)死亡 2015.2.19

www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4628171,00.html
 
2年前、アデル・バイトンちゃん(4)は、母親の運転する車に乗って西岸地区入植地アリエル付近を走行中、パレスチナ人に石をなげつけられ、重傷となった。その後、療養を続けていたが、先週末から肺炎に陥り、昨夜死亡した。

今日、冷たい雨が降る中、アデルちゃんの実家がある町で、数百人が参列して、傘をさしての悲しい葬儀が行われた。アデルちゃんの町のラビは、「4才の子供について何を語れというのか。笑うことを学んだところだった。」とやり場のない思いを語っている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*