(続報)イスラエル空軍ガザへ空爆も 2014.3.13

昨日ロケット弾60発以上がイスラエル南部に撃ち込まれたのを受けて、日中は戦車が攻撃したと報告されていたが、現地時間夜22時、空軍機が29個所に及ぶ空爆を行っていた。空軍機は、45分間で作戦を終え、全機無事、帰還している。

パレスチナ側のメディアによると、イスラエル空軍が攻撃したのはイスラム聖戦の拠点と、ハマスの拠点も攻撃したもよう。今のところ、まだガザから被害の報告はない。

ハマスのスポークスマンは「イスラエルの占領に責任がある。イスラエルの攻撃に対し、パレスチナ人は報復する権利がある。」と語っている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*