物議かもすネタニヤフ首相の訪米 2015.1.29

ネタニヤフ首相が、アメリカ議会(共和党主導)でイランに関することへの発言を求められ、3月、渡米する意志を表明した。

問題は、この件がホワイトハウスを素通りしていたことである。議会はオバマ大統領とは対立する存在。その議会の招待に、ホワイトハウスには何の断りもなく、出席表明をしたことで、オバマ大統領との関係にひびが入るとの批判がとびかっている。

案の定、オバマ大統領は、この時、ネタニヤフ首相とは面会しないと表明。「(イスラエルの)総選挙2週間前に、一方とだけ会談するのは、倫理的でない。」というのが理由である。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *