暴力の波・移民の波 2015.8.2

上記のような事態になっているが、フランスを筆頭に、北米、ロシア、ウクライナなどから移民の数は急増している。

最近では7月14日に北米から200人以上、28日にはフランスから200人移住した。このうちフランスからの移民は約半数の95人が子供となっている。

ユダヤ機関によると、今年に入ってからイスラエルに移住したフランス系ユダヤ人は、4260人で、昨年の同時期より約400人増加している。

今年北米から移住して来る人の数は4000人。旧ソ連地域から移住して来る人の数は今年6月1日の時点で5904人。このままのペースでいけば、年度内に旧ソ連地域から移住する人は18000人と予想され、昨年の11860人を大きく上回る。

ウクライナからの移住者も紛争で増加しており、今年中に10000人と推測されている。

見た目の現状はどうあれ、主は着実に計画をなしておられるようである。

www.jpost.com/Opinion/Welcoming-new-immigrants-to-Israel-410710
www.timesofisrael.com/221-new-immigrants-from-north-america-to-arrive-in-israel/ 

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*