外務省スト終了へ 2014.3.29

外務省のストに関して、週末にかけてマラソン交渉していた労使代表が、合意に達し、31日(日)までに一ヶ月近く続いたストを終了すると発表した。

合意内容としては、職員の賃上げと、海外駐在者への手当、海外へ同行する妻子への手当が新たに給付される。その引き換えとして、組合側は、むこう4年間はストをしないこと、またこれまでは、海外駐在は1回だけとなっていたのが3回に増やされる。

つまり、双方痛み分けという結果である。外務省のストでは、パスポートを発給してもらえないイスラエル人が帰国できなくなり、問題となっていた。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*