厳しい寒波:ガザで2人死亡 2015.1.10

www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4613477,00.html

先週水曜から始まった厳しい寒波は、10日、まだ続いている。昨夜の安息日入りの夜、エルサレムでも氷点下。一時激しく雪が降り、2013年ほどではないが、翌朝にはきれいに雪化粧したエルサレムとなった。

エルサレムへの幹線道路は続けて閉鎖されたが、ちょうど安息日だったので混乱はなし。現在、10日午後、雪はもう降っていないが、気温はまだ低いまま。厳しい寒波は明日には若干、緩和するみこみ。

今回の寒波で、ゴラン高原では-9度を記録。水道管が凍って水がとまった地域もあった。ガリラヤ湖は、雨と雪で水位が7cm上昇。南はネゲブ砂漠のミツペラモンまで雪が降った。

パレスチナ自治政府は、先週から非常事態宣言を出していた。避難民がまだ多数いるガザ地区では、2ヶ月の女の子と1ヶ月の男の赤ちゃんが2人、寒波で死亡した。(ガザ地区健康省報告による)

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *