ワンダーウーマン:レバノンで上映禁止 2017.6.2

アメリカ映画ワンダーウーマンは、スーパーマンの女性版だが、その主役を務めているのが、イスラエル人女優のガル・ガドットさんである。健康的で、かわいらしさもある非常に美しい魅力的な女性である。

ガドットさんは、この映画に抜擢されて以来、自分がイスラエル人であること、2人の子供をイスラエルで育てていることも隠していない。

そのため、レバノン政府は、この映画の上映禁止を決めた。主演女優が正式には交戦国であるイスラエル出身であるということが理由である。

しかし、前作はレバノンでも上映されている上、今回の作品もトレーラーはすでにレバノン内で広がっていたため、残念に思っている人もいるようである。

www.bbc.com/news/world-middle-east-40114370

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*