レバノンから西ガリラヤへ5発のロケット弾 2013.12.31

29日早朝、レバノンから西ガリラヤ地方に向けて5発のカチューシャ・ロケット弾が撃ち込まれた。着弾したのが空き地だったため、被害はなかった。

これを受けて、イスラエル軍もレバノンへ向けてかなりの報復砲撃を行ったもよう。レバノン側にも被害は発表されていない。

レバノンとの国境では、イスラエル軍をねらったと見られる攻撃や、16日にはイスラエル兵1人が射殺され、緊張が続いている。

イスラエルとレバノンの間にはUNIFIL(国連レバノン暫定駐留軍)が駐留しており、両者の衝突がエスカレートしないよう、呼びかけている。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*