レバノンからドローン(無人軍用機)飛来、撃墜 2013.4.26

25日午後1時過ぎ(日本午後7時)、レバノン方面から来たヒズボラのものとみられるドローン(無人軍用機)を、ハイファ沖で撃墜したとイスラエル空軍が発表した。武器を搭載していたかどうかは不明。

この時ちょうとネタニヤフ首相がヘリコプターで北部を視察に向かう途中だった。ヘリは一時着陸し、空軍の対処が終わるのまで待機した。

ヒズボラは、昨年10月に、イスラエル上空で、ドローン2機を飛行させることに成功している。ほどなく空軍が撃墜したが、この時、数分間はイスラエル上空への侵入を赦したことになった。

今回は、イスラエル上空に侵入する前に海で撃墜できたことになる。現在、海軍が残骸を探しているところである。

なお、ヒズボラは、今回のドローンについては関与を否定している。しかし、ヒズボラは100機以上のイラン製ドローンを持っていると推測されている。

<ドローンとシリアの化学兵器>

こうしたドローンにイスラエルはかなり神経をどがらせている。シリアにある生物化学兵器他、危険な大量破壊兵器がヒズボラの手に渡り、それが使われる可能性があるからだ。

ネタニヤフ首相によると、イスラエルは、陸海空すべてを慎重に監視しているという。

実際、シリア国内ではすでになんらかの化学兵器が使われていると、アメリカのヘーゲル国防相も認めたところである。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*