ヤエル・ラピード・未来がある党党首の勝ち!? 2013.5.30

イスラエル国内では、ユダヤ教超正統派の徴兵の問題と削減予算に関する激しい論議が続けられているが昨日、その両方にブレークスルーがあった。

ユダヤ教超正統はの徴兵(1800人以外)は4年後に開始、削減予算の中の一般増税では、VAT付加価値税1%増税が、国会を通過した。(他の増税はまだ通過していない)

ユダヤ教超正統派徴兵制の適応では、ラピード氏の3年後実施が4年後になったということで、ヤアロン国防相と手をうったようである。

激しいバッシングの中で、ラピード氏の勝ちというところか。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *