パレスチナ人との衝突急増中:エルサレムでイスラエル兵12人負傷・他 2020.2.7

エルサレム第一ステーション前の現場 写真出展:Jerusalem Post / Alex Kolomoisky

先月28日、トランプ大統領が独自の中東和平案を世界にむけて開示したが、その後からパレスチナ人とイスラエル治安部隊との衝突が散発しはじめていた。

2月6日には、12時間のうちに、エルサレムで治安部隊が負傷する事件が2件、西岸地区で1件発生。パレスチナ警察官が2人死亡するなど、急速に警戒感が高まっている。

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、トランプ大統領の中東和平案について、「NOが1000回だ。」と激怒していたが、1日、カイロで開かれたアラブ同盟の会議で、イスラエル、アメリカとのすべての関係を遮断すると宣言。「イスラエルは、今や新しい現実に直面しなければならない。」と言っていた。

これは、パレスチナ自治政府を事実上解散し、イスラエルとの闘争を主眼とするPLO(パレスチナ解放戦線)に、西岸地区の主導権を戻すということで、今後、自治政府議長として、この地域での治安維持の責任は負わないということを意味していたとみられる。

www.ynetnews.com/article/SkfkQ8NfI

トランプ大統領の和平案開示以来、パレスチナ人とイスラエルの治安部隊との衝突が発生していたが、特に6日は、多数の衝突事件が発生し、警戒感が高まっている。

1)エルサレムで車つっこみテロ:イスラエル兵12人負傷

エルサレムのイベント会場やレストランがあり、その前のバス停は乗り換えスポットとして多くの人々で賑わう第一ステーション。その前のバス停で、6日深夜2時ごろ、車つっこみテロが発生。

バスを待っていたゴラニ部隊のイスラエル兵12人が負傷した。うち1人は重症を負い、意識不明で、呼吸器に繋がれている。事件発生時は、兵士たちが反撃する間もなく、車は逃げ去ったという。

ただちに犯人の捜索がはじまり、ベツレヘム近郊のパレスチナ人の町、ベイト・ジャラで、犯行に使われた車が発見された。この時、捜査に入ったイスラエルの治安部隊と小さい衝突もあったとのこと。

続いて、車を運転していた東エルサレムのアツル在住、サナド・アル・ツルマン(25)が、グッシュ・エチオンで、逮捕された。

この日、嘆きの壁では予定通り、ゴラニ部隊の入隊式が行われたが、負傷した兵士たちは、松葉杖をつくなどしての入隊式となった。

www.timesofisrael.com/idf-finds-car-used-in-jerusalem-ramming-that-injured-12-driver-still-at-large/

2)エルサレム旧市街神殿の丘近くで国境警備員銃撃され負傷

上記テロ事件から数時間後、エルサレム旧市街神殿の丘に近いライオン門で、国境警備隊員(38)が銃撃を受け、手に負傷を負って、病院に搬送された。

犯人は逃亡したが、まもなく射殺された。調べによると、ハイファ近郊ダブリヤに住むイスラエル在住アラブ人のシャビ・バナ(44)。花屋に努めるおとなしい人物だったが、最近、キリスト教から、イスラムに改宗していたことがわかっている。

www.ynetnews.com/article/BkPqUDKGU#autoplay

3)西岸地区ドレブ近郊で、銃撃:イスラエル軍兵士1人負傷

6日、西岸地区入植地ドレブ近郊で、走り去る車から、治安維持にあたっていたイスラエル軍兵士らにに向けて銃撃があった。一人の兵士の頭を直撃したが、幸い、ヘルメットがこれを防いだため、軽症ですんだ。

www.timesofisrael.com/in-3rd-attack-of-the-day-at-least-one-hurt-in-west-bank-shooting/

4)ジェニンでの衝突でパレスチナ自治警察2人死亡

6日未明、イスラエル軍が、西岸地区ジェニンのテロリスト宅(2018年9月にラビ・ラジエル・シャバックを殺害)の破壊作業を行っていた時に衝突が発生。これに伴い、パレスチナ自治警察官2人が死亡した。

パレスチナ側の情報によると、死亡した1人は、タレック・バドワン(19)巡査。明らかにされたビデオ映像によると、ハドワン巡査は、戦闘の中で撃たれたのではなく、警察署の入り口にいるところ、遠くから撃たれていた。イスラエル軍はこれについて精査すると言っている。

もう一人は、戦闘中に、負傷したパレスチナ人7人のうちの1人がパレスチナ自治警察官で、後に病院で死亡した。

自治警察官2人が犠牲になったことで、イスラエルとパレスチナ自治政府の治安における協力関係の崩壊が決定的になったと懸念されている。

イスラエル軍は、パレスチナ自治警察官2人が死亡したことについて精査すると言っている。しかし、軍報道官によると、ジェニン近郊では、イスラエル軍兵士をねらったスナイパーによる銃撃が続いており、緊張が高まっていたとのこと。

1日にこれだけの事件が多発したことを受けて、イスラエル軍は、数百人規模で警戒態勢を増強し、治安維持の回復に努めている。

www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/One-youth-killed-as-Palestinians-clash-with-IDF-during-house-demolition-616702

<ネタニヤフ首相コメント>

ネタニヤフ首相は、エルサレムで負傷した兵士を訪問後、グッシュ・エチオンのトンネル付近の検問所を視察。治安部隊に感謝を述べた。

また、アッバス議長にむけて、「このようなことは無駄なことだ。ナイフでさしたり、車でつっこんだり、スナイパーを使ったりしても、我々は全力で治安を守る。そちらの協力があろうがなかろうが、我々は将来のために、国境を守る。」と述べた。

アメリカのクシュナー大統領上級顧問は、衝突が頻発していることについて、責任は、暴力を煽っているアッバス議長にあるとして、「パレスチナの指導者は、どうにも行き場がなくなると、テロを煽って、テロリストの家族たちにそのツケを負わせるというのが長年の常套手段だ。国際社会はもうこれに飽き飽きしていると思う。」と語った。

クシュナー氏は、トランプ政権の中東和平案について、「これが最後のチャンスだと思う。」と語っている。

www.timesofisrael.com/kushner-says-abbas-responsible-spike-in-violence-after-release-of-peace-plan/

兵士12人が負傷したエルサレム第一ステーションの現場は、筆者もほぼ毎日通過、またはバスの乗り換えをする、非常に多くの人が出入りする場所であった。

日本ではこのような場所で、テロ事件が発生すると、長い間、通行止めになったりして、長い間その影響が残ると思われる。しかし、イスラエルではこのような事件も一瞬であり、片付ければ、現場は即時に日常に戻る。

嘆きの壁では、この当日、予定通り、ゴラニ部隊の入隊式が行われた。負傷した兵士(高校生あがりの新兵)たちも、何人かは、松葉杖をついて、式典に出席。親たちからも祝福を受けたのであった。

子供は親たちだけのものではない。国を守るために子供を軍隊にさし出さねばならない。これがイスラエルに生まれた者、またその親たちの宿命である。

しかし、今の所、犠牲者は治安部隊に限られているが、今後、市民たちが犠牲にならないようにと願う。

また、パレスチナ自治政府が責任を放棄したことで、希望もなくなり、イデオロギーもなく、自殺も念頭にした一人狼的なテロが増えてくるのではないかと懸念されている。パレスチナの一般市民たちがどう感じているのかは不明だが、極端な考えに走るパレスチナ人たちをおぼえて、とりなしが必要である。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。